現場状況により、補修方法は多様です。

下水道管きょを補修すべき状況が発生したとき、管きょが埋設されている地形、場所、不具合の箇所、破損部分の大小等々、さまざまなケースが考えられるため、同じ「FRP内面補強工法(熱硬化)」、「FRP内面補強工法(光硬化)」であっても対処法が異なってきます。メーカー、協会、施工会社は協力して個々のケースに対応できるよう、施工技術、施工機器等のノウハウを積み上げて参りました。

取付管ライニングとは
取付管ライニング、部分補修材料
道路陥没に対する有効性について
他工法と比べての特長
更生後の取付管口の対策
修繕工法(部分補修)とは
部分補修の種類
確実なる止水のため
浸入水、土砂流入の防止について
強度と止水効果を出す場合
更生管(自立管)と同じ強度を出す場合
防食性について(シートライニング工法 D種 適合品)
成形後の収縮性確認試験報告書


© SGC Inc, All Rights Reserved.